小面積の有効利用〜中庭・坪庭

 

四方、三方を窓や壁などで囲まれた中庭は、接する部屋の数だけ眺める視点があります。坪庭同様に敷地が狭い場合が多く、シンプルかつ、どこから眺めても景色になるように工夫します。基礎まわり、軒下など、思わぬところも工夫次第で「庭」になります。

 

小スペースの庭

 

 


 

玄関前の前庭

玄関前の前庭ですが、居間からの視点もある4坪ほどのスペース。クラッシックな蹲踞をポイントとして作りました。庭のポイントの位置は、床の高さや軒からの距離で変わります。手水鉢を台石に乗せて高くすることで、居間からも見えるようにしています。足元の伝いで面白さを出しています。

この庭のページへ


 

 


 

現代感覚の創作の庭

幅4m、奥行き1,3mの坪庭。現代感覚の創作の庭です。この距離では部屋から庭の地盤はほとんど見えないので、地盤の底上げをして視点を高め、さらに、見所となる手水鉢は台石式の縁先手水鉢風にして、部屋からも見えるようにしました。屋根下なので樹木は鉢植えです。

 

この庭のページへ


 

 


 

半坪ほどの庭

幅1.2m、奥行き1.5m、玄関を入った正面にある、半坪ほどの本当に狭い庭です。こちらも、建物の基礎ギリギリまで土盛りして地盤を高めています。砂利の洗い出しで彗星のように見せた庭。

 

 

この庭のページへ


 

 


 

三日月を表した庭

4坪程度の面積の所に作りました。三面からの視点に耐える庭です。三日月を表した石張りに割れた石臼をオブジェのようにあしらった創作の庭。

 

 

 

この庭のページへ


 

 


 

4坪ほどの庭

こちらも4坪ほどの庭です。敷石を工夫し、各部屋へと向かわせれば、四面からの視点にも対応できます。

 

 

 

この庭のページへ


 

 

幅6m、奥行き2mほどの坪庭

幅6m、奥行き2mほどの坪庭。竹垣を背景に蹲踞と松の幹を見所とした庭です。狭い敷地は明るく広がりのあるように。延べ段と砂利、下草の地模様で見せています。雪国では冬期、庭は雪寄せ場、雪下ろしのスペースになることもあり、奥行きの無い庭での植栽は、下枝の無い高木のみになることもあります。

この庭のページへ


 

 

Page top