蹲踞(つくばい)

 

蹲踞は、茶室に入る前に使う、心身を清めるための施設です。茶室と共に、亭主の茶道観や流派の作法に従って組みます。

その品格ある美しさは、露地ではない和風の庭にも取り入れられるようになりましたが、使わない飾りの蹲踞は是か非か、賛否の分かれるところです。

美しい食器も使ってこそと言います。出来れば、茶事を行う、席入りの出来る庭に作ってあげたいと思っています。

 

蹲踞

 

 


 

裏千家組みの蹲踞

裏千家組み。役石は、既存の後石に合わせた鳥海石。水鉢も県内産の原石に自社加工で穴を開けたもの

 

 

 

この庭のページへ


 

 


 

裏千家組みの蹲踞

裏千家組み。水鉢、役石とも県内産の川石

 

 

 

 

 

この庭のページへ


 

 


 

 

裏千家組みの蹲踞

裏千家組み。水鉢、役石とも県内産の県内産の川石

 

 

 

 

この庭のページへ


 

 


 

 

表千家組みの蹲踞

表千家組み。水鉢は鳥海石。役石は既存のものを再利用

 

 

 

 

この庭のページへ


 

 


 

 

表千家組みの蹲踞

表千家組み。水鉢、役石とも県内産の川石

 

 

 

 

 

この庭のページへ


 

 


 

 

表千家組みの蹲踞

裏千家組み。主庭、稽古用の蹲踞。水鉢は竜安寺『知足』の写し。役石は一部省略

 

 

 

 

この庭のページへ


 

 


 

裏千家組みの蹲踞

裏千家組み。水鉢は鉄鉢型。役石は鳥海石

 

 

 

 

 

この庭のページへ


 

 

Page top