園路・延段

 

露地の飛石に端を発する庭の園路も、時代と共に様々な形に進化してきました。飛石は歩き方を強制しますが、延段(石畳)にすれば歩幅に関係なく自由に歩けます。

園路は庭の散策路であるとともに、庭の点景物、庭の見せ場にも成りえる、庭の中では非常に重要なポイントです。歩きやすさが重視されるアプローチと違い、目地の深さや段差、幅なども自由に変えられるので、和洋を問わず様々なバリエーションが楽しめます。

 

草取りの小道と雨水流れの庭

 

 


 

「直線的な枕木や切石を組み合わせ山石をランダムに畳む

自然な雰囲気の庭には、山石をランダムに畳む「あられこぼし」がよく似合います。直線的な枕木や切石を組み合わせると、モダンな雰囲気も出てきます。

 

 

この庭のページへ


 

 


 

野趣的な小砂利の道

山の木を植えた庭では、「あられこぼし」でさえ人工的に見えてしまうことがあります。庭であることを忘れてしまうような野趣的な雰囲気を、小砂利の道がつくりだします。

 

この庭のページへ


 

 


 

「まさ土」三和土(たたき)の園路

「まさ土」という花こう岩の風化土を使った三和土(たたき)の園路。素材自体が元々、土であることと、緩やかな曲線を持たせることで、庭に柔らかで伸びやかな雰囲気みを醸し出します。

 

この庭のページへ


 

 


 

「行」の延段

切石と合わせた「行」の延段。飛石も鳥海石

 

 

 

この庭のページへ


 

 


 

山道風の「あられこぼし」

雑木の中を行く山道風の「あられこぼし」

 

 

 

 

この庭のページへ


 

Page top

 


 

 

苔目地の石張り

流れの護岸を兼ねた苔目地の石張り

 

 

 

 

この庭のページへ


 

 


 

 

厚い石を使った延段

厚い石を使った、モルタル不要の延段

 

 

 

 

この庭のページへ


 

 


 

 

護岸(州浜)の石張り

園路も兼ねた池の護岸(州浜)の石張り

 

 

 

 

この庭のページへ


 

 


 

 

枕木を繋ぐ石張り

枕木を繋ぐ石張り

 

 

 

 

この庭のページへ


 

 


 

護岸も兼ねる「あられこぼし」

手水鉢の護岸も兼ねる「あられこぼし」

 

 

 

 

この庭のページへ


 

 

 

男鹿寒風石の石張り

地元男鹿半島の寒風山で産出する石。ピンクやブルー、グレー系の色合いが美しい石です。飛石大の大きなものからこぶし大のもの、厚手のものから鉄平石まで、様々な大きさの石が揃うので、いろんなバリエーションを楽しめます。石のほとんどが平らな物なので、アプローチなどの歩きやすさが求められる所にも向きます。秋田では、この石の大きな飛石を使った庭が目立ちますが、石張りにしたほうが、繊細さや造形的な美しさを出せるのではないかと思います。


 

創作の庭の石張り

三日月形を表した創作の庭の石張り

 

 

 

 

この庭のページへ


 

Page top

 

白神山系の山石の石張り

最近私が多用する石で、隣町の藤里町産出の割栗石です。近場なせいか地元の風土と調和する庭を作る時はほとんどがこの石です。青みがかったグレー系の石ですが、庭に馴染む頃には緑色に変わり、水打ちすると黒く光ります。これもやはり、採石場のプラントから探してきます。こちらには庭石屋さんというのは無いので、自然素材で作りたければ全て自分の足で探してこなければなりません。それだけに、作る庭には思いがこもります。飛石一つとっても、丸いミカゲの飛石など足元にも及ばない風情があります。


 

飛石

飛石

 

 

 

 

この庭のページへ


 

 


 

苔の中を行く「あられこぼし」

苔の中を行く「あられこぼし」

 

 

 

 

この庭のページへ


 

 


 

山野草の中を行く「あられこぼし」

山野草の中を行く「あられこぼし」

 

 

 

この庭のページへ


 

 


 

既存の石で作った草取りの道

既存の石で作った草取りの道

 

 

 

 

この庭のページへ


 

 


 

外露地の「行」の延段

外露地の「行」の延段

 

 

 

 

この庭のページへ


 

 


 

テラス風の石張り

テラス風の石張り

 

 

 

 

この庭のページへ


 

 


 

幅に緩急を付けた山道風園路

幅に緩急を付けた山道風園路

 

 

 

 

この庭のページへ


 

 


 

凹凸のある、古道風の山道

凹凸のある、古道風の山道

 

 

 

 

この庭のページへ


 

 


 

ベンチのテラス

ベンチのテラス

 

 

 

 

この庭のページへ


 

Page top

 

川石の石張り

地元米代川水系の川石で畳んだ延段です。これもやはり、砂利プラントから探し出してきたものばかり。同じ川でも5,6種類の石があります。その中で、天平の同質の石を探すとなると、もう大変です。作るより石を探すほうに手間が掛かります。これでやりたい!という思いが、腰の痛さも忘れさせてくれます。


 

茶系の川石で畳んだ「行」の延段

茶系の川石で畳んだ「行」の延段

 

 

 

 

この庭のページへ


 

 


 

同じ石で畳んだ草の延段

同じ石で畳んだ草の延段

 

 

 

 

この庭のページへ


 

 


 

真黒石に似た石で畳んだ行の延段

真黒石に似た石で畳んだ行の延段 超希少石張りは素材探しも張るのも根気

 

 

 

この庭のページへ


 

 


 

白い川石で畳んだ草の延段

白い川石で畳んだ草の延段

 

 

 

 

この庭のページへ


 

 


 

白い石で畳んだ草の真の延段

白い石で畳んだ草の真の延段

 

 

 

 

この庭のページへ


 

 


 

テラス風の三日月形の石張り

テラス風の三日月形の石張り

 

 

 

 

この庭のページへ


 

 


 

既存の玉石で畳んだ「鎖繋ぎの延段」

既存の玉石で畳んだ「鎖繋ぎの延段」

 

 

 

 

この庭のページへ


 

 

 

切石の石敷き

 

切石の石敷き

寒風石の石張りと組み合わせた地産の十和田石の石敷。大谷石と似た質感ですが、粘性があり、重量もあります。緑がかった石質が面白い。多孔質の柔らかい石なので経年風化しますが、庭の中では風化は劣化ではなく景色。自然素材は、いずれは土に返ります。そんな味わいを感じる余裕が庭の楽しみでもあります。

この庭のページへ


 

 

Page top